検索

『人生はドラマ!自分自身が脚本家であり監督・演出・そして主人公である』 もう一人の自分が苦しい時、辛い時、悲しい時、深い悩みの時こそ、脚本・演出・監督として充実できるストーリーを客観的に展開を!



閲覧数:95回0件のコメント

最新記事

すべて表示