検索
  • マイク玉城

仕事をする上で学ぶべき構造とは?

人生を生きる為の手段として経済活動(仕事)をする必要があります。

自分が好きで得意な事で生活が維持できるほどの収入があればよいのですが、実情としては限られた方のみで、一定の修行や知識&技術&認知&評価されるまでは、それなりの時間を要します。


大半の方が、結婚をしますと自分の事より家族の事が優先となります。

子供が大学を卒業するまでは、夫婦で稼ぎ親の責任(務め)をするのが

一般的であります


どれだけ稼げるのかは個人差がありますが、組織に勤務するのが一般的です

稼ぎ力を高める為には学ぶべき分野が多数あります。

勤める業界の知識&技術は勿論ですが、一番重要な事はコミュニケーション能力

(聞く力・伝え理解させる力)を身に着ける事が必要です


聞く(ヒアリング)力がないと習得した知識や技術の選択、伝える力がないと

実行する為の説明すらできません。


又、組織の運営ルールの理解、更には継続的に収益を上げる為の経営的知識等数値の理解

も必要となります。

更に踏ん張る為にも、前向きになる為にも動機付けが必要となります


上手く生きる為の手順や考え方等を知る事により勝ち得るものと考えております

人間ですので感情もありますが、上手く活かす為には自己管理、コントロールは

当たり前にできるようにしなければなりません。

性格だけで仕事進められません。 

役割の理解による遂行する必要となります


学ぶべき全体概要を理解して、よりよい充実した人生となるよう期待致します


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示